基本のキホン、着物の種類を解説

基本のキホン、着物の種類を解説

着物と一口に言っても実際には様々な種類の着物があります。
ここでは、着物の種類についてわかりやすく解説しています。

打掛(うちかけ)

主に新婦が結婚式に着る着物で、きらびやかかつ色鮮やかな絵柄が特徴です。また白無垢も打掛の一種です。

黒留袖(くろとめそで)

既婚女性が着る着物の中で最も格式の高い礼装で、結婚式で新郎新婦の母親や親族の既婚女性が着る正装。若い女性の場合は色も柄も多彩で華やかなものを選ぶのが一般的です。一方で年配の女性はすっきりした柄で落ち着いたものを選ばれることが多いでしょう。

振り袖(ふりそで)

未婚の女性が着る礼装で長い袖が特徴の着物です。成人式や結婚式に着用されます。袖が長い理由としては、江戸時代の一つのファッションという説や新陳代謝の良い若い人が発する熱を外側に逃すというためという説もあります。

色留袖(いろとめそで)

地の色が黒色以外の着物を色留袖と呼びます。未婚、既婚問わず着る事ができます。友人の結婚式に着て出席することができます。その他、パーティーや格式ある式典にも対応でき、淡いピンク、紫色、緑色のものが多くあります。訪問着とは違い、上半身は無地になっています。

訪問着

未婚、既婚を問わず着られ、紋を付ければ色留袖と同格となります。絵羽(えば)と呼ばれる模様があり、茶事、パーティーへの出席などに対応できます。

付け下げ

訪問着を簡略化した着物で準礼装の意味合いがあります。訪問着よりも模様が少ないのが特徴です。パーティー、クラス会や、茶会、よそのお家への訪問、伝統芸能の観劇などにも着ることができます。

浴衣(ゆかた)

主に夏に着るもので、祭りや花火大会、夕涼みの際に着られます。着物の下着となる襦袢(じゅばん)は着ず、素肌の上から着ます。

基本のキホン、着物の種類を解説

呉服の買取やリサイクル着物の販売および催事や商品などを更新してまいります。

キモノ和楽市 大宮店 BLOG

呉服の買取やリサイクル着物の販売および店舗やイベントなどを掲載してまいります。

営業エリア

販売エリア

東京・静岡の店舗
東京・静岡・名古屋・大阪・福岡などの百貨店催事

買取出張エリア

東京・神奈川・静岡・愛知・山梨を中心に出張・郵送での全国対応

まずはお問い合わせを!!