着物の生地の種類とメリット・デメリットを解説

着物の生地の種類とメリット・デメリット

着物の生地は主に絹、木綿、麻、綿麻、羊毛、ポリエステルなどがあります。
それぞれの特徴を簡単に説明します。リサイクル着物を選ぶときにも生地の特徴を覚えておくことで、自分の希望に合ったものを購入することができますので、ぜひ参考にしてください。

最大の特徴は、美しい光沢があり、気品の良さを表現できることでしょう。その他には、体になじみやすく動きやすいという特徴もあります。デメリットとしては、湿気に弱く、傷みやすいということがあります。

木綿

普段着の着物として、最もスタンダードな生地です。丈夫で、耐久性があり洗濯にも強いです。そして通気性、吸湿性に優れており、肌触りが良いという特徴もあり、染色性も良くきれいに映えます。縮みやすくシワになりやすく、太陽光にあたりすぎると黄変しやすいため、注意が必要です。

通気性にとても優れていますが、染色性に関しては劣り、色落ちがしやすいというデメリットがあります。また、弾力性はなく、シワになりやすいといわれています。

綿麻

綿麻(めんあさ)は綿と麻の交織のことです。綿と麻が混ざることで、麻の質感を残しつつ、シワになりにくくなります。また、吸湿性に富み、肌触りがよくて着やすいなど、お互いのメリットを活かすことができます。

羊毛

羊毛は繊維の表面にスケールという鱗に覆われています。そのため、他の生地よりも温かく着ることができます。吸湿性も高いのも特徴です。デメリットは耐久性に乏しく、虫に弱いことです。

ポリエステル

ポリエステルの着物は他の繊維の着物よりも安価で購入できます。また、メンテナンスについても洗濯ができるなど比較的簡単です。逆に保温性はなく、吸湿性が乏しいというデメリットがあります。そして着物の絵柄が映えにくく、表現力が低いと言われています。

着物の生地の種類とメリット・デメリット

呉服の買取やリサイクル着物の販売および催事や商品などを更新してまいります。

キモノ和楽市 大宮店 BLOG

呉服の買取やリサイクル着物の販売および店舗やイベントなどを掲載してまいります。

営業エリア

販売エリア

東京・静岡の店舗
東京・静岡・名古屋・大阪・福岡などの百貨店催事

買取出張エリア

東京・神奈川・静岡・愛知・山梨を中心に出張・郵送での全国対応

まずはお問い合わせを!!